掲示板

--------------------------------------------------------------------
土地家屋調査士  「測量士」 と 「司法書士 の違いはどうなりますか。
--------------------------------------------------------------------

よくある質問(Q&A)


Q:土地家屋調査士と司法書士の違いは?
A:不動産の表示に関する登記は土地家屋調査士
  その後必要に応じて
  不動産の権利に関する登記を司法書士が、それぞれ専門職として行っています。


Q:なぜ、表示と権利と2本立てで登記するのか?
A:不動産の登記の最終目的の一つとして権利者(所有者、抵当権者等)が不動産の取引を
  安全かつ円滑に行えるようにするためであるから、より慎重な仕組みをとっているわけです。


Q:土地家屋調査士と測量士の違いは?
A:土地家屋調査士は、主に個人の土地を対象に測量します。
  測量士は、公共測量の規定に準じてあらゆる測量を行います。


Q:登記簿の記載を信用していいのか?
A:結論からいうと、全面的には信用してはいけません。
  登記をすることによって第三者に自分のものですと主張する対抗力はありますが、
  たとえ登記簿を信用して買って登記までしても真実の所有者が別にいた場合は
  無権利者としてその登記は無効となってしまいます。
  これはわが国の登記制度に公信力がないからです。
  そこで不動産を買うときは登記簿や業者の言うことを鵜呑みにするだけでなく
  自ら売主に真の権利があるかどうかを確認し、現場に足を運び公図等で現況確認
  するなど慎重な行動をとることが大切です。


Q:境界杭が破損、動いてしまった場合どうしたらいいの?
A:勝手に自分で判断して杭を入れ直すと、後の隣接間トラブルになりかねません。
  まずは我々土地家屋調査士にご相談ください。
  法務局提出済地積測量図があるなら復元できる可能性は高いです。


Q:お隣さんとの境界がはっきりしないのでどうしたらいいでしょうか?
A:境界杭がなくても、境界木、境界石あるいは尾根、崖、谷といった自然地形や
  公図、公簿面積等の客観的資料等を基にしてお隣同士話し合い所有権界を
  決めることです。さらに確認したという文章を残し、境界杭を設置することで
  後世に紛争を残さないようにしてあげることが大事です。


  ※所有権界とは私法上の境界であって、公法上の境界ではありません。




土地家屋調査士
とちかおくちょうさし

他人の依頼を受けて,不動産の表示に関する登記につき必要な土地家屋に関する調査,
測量,申請手続,審査請求の手続をすることを業とする者。土地家屋調査士の制度は,
土地家屋調査士法 (昭和 25年法律 228号) に定められ,不動産に関する契約,
相続およびそれらに伴う税の計算の基礎となる登記簿における不動産の表示の
正確さを確保することを目的とするものである。


土地家屋調査士の民間紛争解決手続代理関係業務の認定  
 
平成17年の不動産登記法等の改正により,土地家屋調査士法が改正
され,法務大臣の認定を受けた土地家屋調査士は,土地の筆界が明ら
かでないことを原因とする民事紛争に係る民間紛争解決手続であって,
法務大臣が指定する団体が行うものについて,弁護士との共同受任を
条件として代理することができることとなりました。


測量士または土地家屋調査士

測量を行うようですが、測量士とはどのような違いがあるのでしょうか?
土地家屋調査士と測量士どちらも測量を行いますので混同している方も多いようです。
まず測量とは、地面上の点の位置関係を決めるための技術や作業のことをいい、
土地を測ったり地図の作成などを行います。 国 や公共団体が行う測量業務
(基本測量、公共測量)に技術者として従事する場合には測量士又は測量士補の
国家資格が必要です。「測量士は、測量に関する計画を作製し、又は実施する。」
測量士は、国家資格を持っ た測量の専門家なのです。
次に土地家屋調査士ですが、法律(土地家屋調査士法)によれば、他人の依頼を受けて、
「不動産の表示に関する登記について必要な土地又は家屋に関する調査又は測量」を
職業として行うのが土地家屋調査士です。
土地家屋調査士は、土地境界の確認や登記をするための専門家ですので、
「登記手続を前提とした測量は土地家屋調査士が行うことになっている」というわけです。



著作権者
上野誠治



Copyright Office Ueno. All right reserved.